Crypto

仮想通貨とは?初心者に訊かれた質問に答えます!

仮想通貨とは?初心者に訊かれた質問に答えます!
  • 「仮想通貨について何も知らないや」
  • 「普通のお金や電子マネーとどう違うの?」
  • 「儲かるの?」

最近「仮想通貨」や「暗号資産」といった言葉がニュースで度々話題になりますよね。

正直なところ、あまりよく知らないという人が多いのではないでしょうか。

実際に購入してみたい方や基本知識を抑えたい人に向けて、仮想通貨とはそもそも何かを解説します。

また、仮想通貨へ投資するための方法や仮想通貨を使って楽しむ方法もお伝えしていきます。

なんと、今なら2,500円相当のビットコインがもらえます。
予算使い切り次第終了の可能性があり、いわゆる「早い者勝ち」のキャンペーンです。
無料開設できますので、お早めに!

コインチェック

かんたん本人確認&入金完了で¥1,500円のビットコインがもらえる!

無料でいますぐ口座を開設

  • 9/30までのコインチェックのキャンペーン
  • 無料で口座開設後、72時間以内の入金で¥1,500相当のビットコインがもらえる
  • かんたん本人確認で10分あれば申請終わり!
  • 入金は1円でもOK

かんたん本人確認が必須なので注意!
5分で完了するので、無料口座開設をして受け取っておきましょう!

コインチェック

coincheckは何度も口座開設キャンペーンを行なっていますが、前回より金額が減りました。
いずれ開設するなら今のうちに開設しちゃいましょうね!

仮想通貨とは?初心者にもわかりやすく解説します

仮想通貨とは?初心者に訊かれた質問に答えます!

定義

仮想通貨は下記のように定義されています。

【仮想通貨とは】資金決済法において、仮想通貨は、次の性質をもつ財産的価値をいいます。
・不特定の者に対して、代金の支払いなどに使用でき、かつ法定通貨(日本円や米国ドルなど)と相互に交換できる
・電子的に記録され、移転できる・法定通貨又は法定通貨建ての資産(プリペイドカードなど)ではない

「仮想通貨」とは? | 暮らしに役立つ情報 | モバイル政府広報オンライン

一般に、暗号資産は、「交換所」や「取引所」と呼ばれる事業者(暗号資産交換業者)から入手・換金することができます。暗号資産交換業は、金融庁・財務局の登録を受けた事業者のみが行うことができます。

暗号資産(仮想通貨)とは何ですか? : 日本銀行 Bank of Japan

通貨の発行や取引はブロックチェーンという技術を用いてネットワーク上の台帳で管理されます。

この台帳をみんなで管理することによって中央銀行のような存在がなくても不正を防ぐことが可能になります。

一部通貨には中央銀行のように通貨を管理・監視する組織が存在するものもあります。

仮想通貨と暗号資産

また仮想通貨とよく混同する言葉に「暗号資産」がありますが、仮想通貨は暗号資産とほぼイコールです。

暗号化とブロックチェーン技術から生まれたデジタルの資産を暗号資産といい、法定通貨のように売買に使われている暗号資産が仮想通貨と呼ばれています。

ちなみに暗号資産は英語のCryptocurrencyの訳で、日本でも「クリプト」と呼ばれることがあります。

仮想通貨の種類

仮想通貨の種類
仮想通貨の種類

ビットコイン

ビットコインはサトシ・ナカモトという人(または組織、詳細不明)が提案した最初の仮想通貨です。

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

>> ビットコインをわかりやすく解説【そもそも暗号資産とは何なのか】

アルトコイン

アルトコインはビットコイン以外の仮想通貨の総称です

アルトコインの中でも価値が低かったり取引量が少ないコインを草コインと呼んだりもします。

下記の記事でアルトコインの代表格、イーサリアムについて解説しています。

>> イーサリアムをわかりやすく解説!3分で理解できる解説

仮想通貨の使い方

仮想通貨にはいろいろな使い方があります。支払いや投資だけではありません。

というのも、仮想通貨にはそれぞれ独自のロードマップがあり、目的が違うからです。

その目的や発行数によってその価値が生まれ、通貨の売買を通して価値が変動していきます。

この価値変動を利用して利益を得たり、実際に決済に使用したり特定のサービスの中で手数料として支払ったりすることができます。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

>> 投資以外の仮想通貨の使い方5つ

仮想通貨と同様に注目されている暗号資産がNFTです。

NFTは代替えのきかないデジタルデータで、ゲーム内のアイテムやデジタルアートで普及してきています。

NFTは二次流通、いわゆる転売が前提で設計されているため、アイテムやアートを売買して利益を得ることも可能です。

私は仮想通貨を積み立てていますが、一部はNFTアート購入に充てています。

詳細は下記の記事をご覧ください。

>> NFTとは?始め方から購入、販売方法まで【初心者でも分かる】

仮想通貨のリスク

まず価値が大きく下落する可能性はそこそこ存在し、そのリスクは大きいと言えます。下落の原因は以下のようなものがありました。

  • 大国の仮想通貨規制
  • 不正アクセスによる流出
  • 株式や為替市場の下落へ追従
  • 暴騰の反動著名人の発言

何度も暴落していますがその度に回復しているのも事実です。

ブロックチェーン技術では通貨の取引が記録されるのみで個人情報は記録されません。

この特性が仇となって、詐欺やマネーロンダリングにも使用されているのが実情です。

仮想通貨の購入や送金を行う時には国によって定められた指定の企業を経由することを強くお勧めします。

コインチェック

かんたん本人確認&入金完了で¥1,500円のビットコインがもらえる!

無料でいますぐ口座を開設

  • 9/30までのコインチェックのキャンペーン
  • 無料で口座開設後、72時間以内の入金で¥1,500相当のビットコインがもらえる
  • かんたん本人確認で10分あれば申請終わり!
  • 入金は1円でもOK

かんたん本人確認が必須なので注意!
5分で完了するので、無料口座開設をして受け取っておきましょう!

コインチェック

coincheckは何度も口座開設キャンペーンを行なっていますが、前回より金額が減りました。
いずれ開設するなら今のうちに開設しちゃいましょうね!

初心者に訊かれた!「ここを教えて!」

初心者に訊かれたことを解説します

初心者さんから訊かれることの多いふたつの質問に答えていきます。

法定通貨と何が違う?電子マネーとも違う?

他の通貨との大きな違いは、誰が発行しているか、ということです。

日本円などの法定通貨は国家や中央銀行によって発行されており、その価値がある程度保証されています。

電子マネーは企業が法定通貨の代替として発行しています。

仮想通貨や暗号資産はその価値を信頼する人の間でのみ発行や取引が成立します。

どこでも誰相手でも使えるものではないと言われますが、それは法定通貨や電子マネーも同じです。違うのは現状の使用可能範囲です。

どこでも使えるものではないのが現状ですが、利用可能範囲は拡大しつつあります。

儲かる?面倒じゃない?

仮想通貨は株式や為替と比べて価格変動が大きいです。

うまく売買できれば一瞬にして大きな資産を作ることも可能ですが、リスクを取りすぎて一瞬にして無価値になることもあり得ます。

リスクが高いことから通常の取引ではチャートに張り付いたりニュースを逐一確認したりと正直面倒です。

私はドル・コスト平均法に従って毎日コツコツ購入を繰り返しています。取引所で設定をした後、チャートは数日に1度確認するのみです。価格上昇時は「含み益、やったね!でもガチホ」、下落時は「安く買えてる!やったね!」と思いつつ積立中です。

SNSでは含み損に驚いて損切りする人を見かけますが、定期積立で投資している人が損切りをするのはハッキリ言って勉強・準備不足です。気をつけましょう。

実際に保有・運用してみよう

仮想通貨を購入するためには仮想通貨ウォレット(お財布)を準備して、取引所の口座を作る必要があります。

実際には取引所の口座開設時にウォレットも作成されます。国の指定取引所に口座登録をして、その口座を利用して購入すればOKです。

おすすめはcoincheckです。下記記事で理由を解説しています。

>> 【タダで2500円分のBTCもらえます】coincheckの無料口座開設で、仮想通貨投資を始めよう

通貨の運用については下記記事で解説していますので併せてご覧ください。

>> 【安心】仮想通貨の運用方法【初心者でも出来ます】

まとめ

仮想通貨とは?について、初心者さんでもわかりやすいように解説しました。

リスクが高く敬遠されがちですが、大きな可能性を秘めたコンテンツです。

今から少しずつ取り組んで先駆者利益を逃さないようにしましょう!

それではよきクリプトライフを。

-Crypto
-,